新しいスケジュール
2012/1/28 18:34:13
[2012年 1月 29日 (日曜日)]
練習
2012/1/28 10:57:56
[2012年 3月 17日 (土曜日)]
お別れ会
2012/1/28 10:56:12
[2012年 2月 12日 (日曜日)]
スキー・大会
2012/1/28 10:52:19
[2012年 2月 26日 (日曜日)]
スキー・おじろJr大会
2012/1/28 10:51:50
[2012年 2月 19日 (日曜日)]
スキー・大会
他 283 件
最近の記事

    浜坂マリンカップについて

    毎年参加させていただいている浜坂マリンカップが晴天の中行われました。

     

    今大会から8人制となりました。8人制は、ボールにさわれる機会が11人制の1.5倍に増えるといわれています。

     

    また、スペースが広くなりましたので個人での突破や連携したプレーが良く見られるようになり、得点シーンが増えるものと思います。 反面、11人制では目立たなかった個人の技術・実力の差が前面に出てきます。

     

    大会は、リーグ戦の後順位決定戦となります。

     

    対T岡 2対1 負け   対O泉 1対0負け  対M和 2対1負け

     

    順位決定戦

     

    この大会で監督の求めていたものは、

     

    1対1を仕掛ける。(フェイントへの挑戦)

     

    動きのあるプレー、良いパスのもらい方の3点です。

     

    言うのは簡単でも相手も必死ですからなかなかテーマをすることができないかもしれませんません。

     

    試合に勝てれば嬉しいです。しかし、子供が成長するために、時にはそれにこだわらず(目先の勝ちにこだわらず)テーマが出来る事を重視して試合に臨んでいる時期もあります。

     

    ですので父兄の方も、一喜一憂して応援で大いに盛り上がっていただけたら良いと思いますが、選手がやろうとしていることをほめてあげたり、出来たことを一緒に喜んでもらえたらありがたいです。

     

    交流試合、遠征が続きますが経験を積み重ねる程、技術はもちろん心の成長もできることと思いますので、大いに子供に関わってご協力をお願いします。

     

    大会運営等、浜坂マリンキッズの皆様にはお世話になりました。

     

    来年もよろしくおねがいします。

    いきいきドームフットサル大会

    18、19の二日間の予定で行われるはずの大会でしたが、またまた大雪のため予選リーグ無くしてトーナメント戦のみとなりました。さらに、予定していたお別れ合宿も中止となりいろいろな意味で大変な学年でした。

     

    村岡では、この大会が6年生にとって小学生最後の大会でしたし、新チームになって1年間、一緒にやってきたコーチ陣にとっても最後の大会でしたが、天候のためとはいえ中途半端な大会になり非常に残念でした。

     

    試合ですが、一回戦対K住B 5対1 勝ち

     

    6年最後の大会といえどチーム事情から、3学年ひとくくりは変わりないのが現状です。途中からほぼ4年中心チームになりましたが、もっとチャレンジする、考えてプレーすることが必要ですし、なにより何事にも余裕がない、もっと一つ一つ楽しんでみたら?と感じましたが、まだまだ仕掛けられる技術がないのが現状であるのと、ファウルすることもない甘い当たりで、その間はやはり押されました。

     

    二回戦 対H坂 5対1 負け

     

    6年生は、強豪相手に対等にプレーできてましたが、楽しかったでしょうか?

     

    しかし、結果は点差のとおり完敗です。ボールを奪われたときの対応の遅さがそのまま得点につながりました。ゴール前に入ったボールをダイレクトのシュートで立て続けに決められ相手の技術は一枚・二枚?上でした。ゴール前にボールを入れられる前に反応して追いついておかないといけませんが、相手に一歩遅れるこの切り替えの差を同学年相手に埋める必要がありです・・・4・5年の今後の成長を期待します。

     

    6年生へ、小学校でのサッカーはこれで終わります。こちらでは、中学で続けることは家庭のの理解がないとなかなか難しいですが、中学・高校・大学・社会人そして世界のどこへ行ってもボール一つあれば、おじいちゃん・おばあちゃんになっても、いつでもサッカーができる技術はつけているはずです。できるときに楽しくサッカーと付き合えたらいいなと思います。

     

    そして、中学になり別のことにチャレンジすかも知れませんが、何でもいいですから何か一つ「頑張ったことがすぐ言える」ような人生を送ってください。それは高校・大学でも一緒です。きっと人生のプラスになるでしょう。

     

    お疲れ様でした

    加古川たんぽぽ千歳メモリアルカップについて

    2月11日、厳寒の中大会参加のため早朝より出発しました。

     

    加古川たんぽぽSCが主催するこの大会はチーム創設後亡くなられた故千歳監督を偲び行われており、今回で第10回大会となります。

     

    この大会には、私が知っているところで7回は参加してます。豪雪地帯の村岡として、毎年雪だるまをお土産として持参してます。当初は着くなりサッカーそっちのけでクーラーから出した雪を丸めて創作活動を開始していた事を思い出します。今は慣れてきてこちらで丸めて行きますんでスムーズです。

     

    また、この大会で毎回チームの写真付きカレンダーを頂きます。自分の息子のカレンダーは今年を除いて6回分はあり、そのうち各個人1枚は今、目の前の壁に飾ってあるのが確認できます。中には高校で全国制覇した選手、Jリーガーになった選手が写っているからでしょうか。ご想像の通り、レベルはすごく高い大会です。

     

    大会は予選リーグ、順位決定戦となり参加した8チームで争われます。

     

    対Tんぽぽ 0対5 対H磨 0対11 対R北 6対0

     

    順位決定戦 対TRスター 1対6 結果8位でした。

     

    大会優秀選手 T見  チーム優秀選手 U田E

     

    総評

     

    各選手には今日の自分のテーマを考えて口に出してもらいました。ドリブルがしたい・足裏を使うなどが多かったでしょうか。

     

    単純に相手との学年の差は考えないで、大会優秀選手さすが高学年でボールに良く絡んでました。他の選手が動いてないのか予測の賜物なのか運動量は一番でした。

     

    チーム優秀選手のU田君は主にDFが多かったですが休養明けにもかかわらず相手選手にしつこく食い下がり簡単に抜かれなかった点が良かったです。

     

    GKのT中君、最初は飛び出す判断に迷っていましたが、たくさん経験を積む中、次第に良くなりました。

     

    最後は、決勝戦を最初からみんなで見ながら、いいプレイを見て勉強しました。まぁ集中して見てたのは2分ぐらいでしょうが十分です。

     

    遠征車両・お世話係りご苦労様でした。

     

    大会を主催していただいたタンポポの皆さんありがとうございます。お昼の豚汁とても美味しかったです。

     

    また来年もよろしくおねがいします。

    黒田庄ライオンズカップ2日目

    凍てつく道路事情の中、早朝より黒田庄向け出発しました。

     

    大会二日目は3試合あり、順位決定戦となります。

     

    対T野 3対1 勝ち

     

    対K合 0対4 負け

     

    対H条 3対6 負け で16チーム中11位でした。

     

    この二日間、「足裏」と「またぐ」ことをメインテーマにやってきました。

     

    最後の試合は、負けましたが二日間の成果が出た内容だったと思います。

     

    ベンチで見ている私たちは、とても面白い試合だったと感じましたし、プレーしている選手も、きっと楽しかったと思います。

     

    中学になるとそれぞれの道に進むこととなりますが、いつまでもまず「楽しむ」ことを忘れないで欲しいと思います。

     

    主催していただいた黒田庄JFCの皆様には、時間などいろいろな面で配慮していただき助かりました。

     

    また機会があればよろしくお願いします。ありがとうございました。

    黒田庄ライオンズカップ

    黒田庄ライオンズカップフットサル大会第一日目に参加しました。

     

    但馬は雪で、しかも村岡は約40cmの積雪でした。向こうは快晴です。

     

    この大会は3年前に参加させていただきましたが、個人技重視のチームが多く、見ていてとても参考になる大会ですし、

     

    当然1対1の攻防が増えて個のレベルアップもできる大会です。

     

     

     

    対泉 1対4 負け 相手は足裏をものすごく使い、簡単にボールを奪われません。相手の前半のメンバーには終始圧倒されていました。後半は、体も温まり、自分達のしたいことが徐々に出来たのではと思います。

     

    対K庄 7対1 勝ち 個人技同士の対戦です。またいで相手のリズムを崩すことをテーマにのぞみました。

     

    相手キーパーの体格などから、考えてシュートを打てた(ボールの高さ)点は良かったです。

     

    対K美 0対7 負け プレーの予測が遅かったのが終始目立ちました。相手より2歩は遅れてるでしょうか。また、普段していないポジションをすると動きがぎこちないのと、やはり考えていないのが・・・・・・これも次につながってくれればいい経験なのですが。

     

    結果、1勝2敗でリーグ3位でした。

     

    大会で初めてキーパーを経験した選手(全員が一度はキーパーになりました。)には、シュートを止める・前に出る判断がいかに難しいかわかり、良い経験だったのではと思います。

     

    また、5年以下の選手には、但馬以外のチームがどんなプレーをしているのか参考に見てほしいと思います。

     

    明日は二日目、「足裏」と「またぎ」をもっとして、この大会で足元を強化してきます。

スケジュール
前月2018年 12月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>