カテゴリー ‘試合’ のアーカイブ

浜坂マリンカップについて

毎年参加させていただいている浜坂マリンカップが晴天の中行われました。

 

今大会から8人制となりました。8人制は、ボールにさわれる機会が11人制の1.5倍に増えるといわれています。

 

また、スペースが広くなりましたので個人での突破や連携したプレーが良く見られるようになり、得点シーンが増えるものと思います。 反面、11人制では目立たなかった個人の技術・実力の差が前面に出てきます。

 

大会は、リーグ戦の後順位決定戦となります。

 

対T岡 2対1 負け   対O泉 1対0負け  対M和 2対1負け

 

順位決定戦

 

この大会で監督の求めていたものは、

 

1対1を仕掛ける。(フェイントへの挑戦)

 

動きのあるプレー、良いパスのもらい方の3点です。

 

言うのは簡単でも相手も必死ですからなかなかテーマをすることができないかもしれませんません。

 

試合に勝てれば嬉しいです。しかし、子供が成長するために、時にはそれにこだわらず(目先の勝ちにこだわらず)テーマが出来る事を重視して試合に臨んでいる時期もあります。

 

ですので父兄の方も、一喜一憂して応援で大いに盛り上がっていただけたら良いと思いますが、選手がやろうとしていることをほめてあげたり、出来たことを一緒に喜んでもらえたらありがたいです。

 

交流試合、遠征が続きますが経験を積み重ねる程、技術はもちろん心の成長もできることと思いますので、大いに子供に関わってご協力をお願いします。

 

大会運営等、浜坂マリンキッズの皆様にはお世話になりました。

 

来年もよろしくおねがいします。

いきいきドームフットサル大会

18、19の二日間の予定で行われるはずの大会でしたが、またまた大雪のため予選リーグ無くしてトーナメント戦のみとなりました。さらに、予定していたお別れ合宿も中止となりいろいろな意味で大変な学年でした。

 

村岡では、この大会が6年生にとって小学生最後の大会でしたし、新チームになって1年間、一緒にやってきたコーチ陣にとっても最後の大会でしたが、天候のためとはいえ中途半端な大会になり非常に残念でした。

 

試合ですが、一回戦対K住B 5対1 勝ち

 

6年最後の大会といえどチーム事情から、3学年ひとくくりは変わりないのが現状です。途中からほぼ4年中心チームになりましたが、もっとチャレンジする、考えてプレーすることが必要ですし、なにより何事にも余裕がない、もっと一つ一つ楽しんでみたら?と感じましたが、まだまだ仕掛けられる技術がないのが現状であるのと、ファウルすることもない甘い当たりで、その間はやはり押されました。

 

二回戦 対H坂 5対1 負け

 

6年生は、強豪相手に対等にプレーできてましたが、楽しかったでしょうか?

 

しかし、結果は点差のとおり完敗です。ボールを奪われたときの対応の遅さがそのまま得点につながりました。ゴール前に入ったボールをダイレクトのシュートで立て続けに決められ相手の技術は一枚・二枚?上でした。ゴール前にボールを入れられる前に反応して追いついておかないといけませんが、相手に一歩遅れるこの切り替えの差を同学年相手に埋める必要がありです・・・4・5年の今後の成長を期待します。

 

6年生へ、小学校でのサッカーはこれで終わります。こちらでは、中学で続けることは家庭のの理解がないとなかなか難しいですが、中学・高校・大学・社会人そして世界のどこへ行ってもボール一つあれば、おじいちゃん・おばあちゃんになっても、いつでもサッカーができる技術はつけているはずです。できるときに楽しくサッカーと付き合えたらいいなと思います。

 

そして、中学になり別のことにチャレンジすかも知れませんが、何でもいいですから何か一つ「頑張ったことがすぐ言える」ような人生を送ってください。それは高校・大学でも一緒です。きっと人生のプラスになるでしょう。

 

お疲れ様でした

黒田庄ライオンズカップ2日目

凍てつく道路事情の中、早朝より黒田庄向け出発しました。

 

大会二日目は3試合あり、順位決定戦となります。

 

対T野 3対1 勝ち

 

対K合 0対4 負け

 

対H条 3対6 負け で16チーム中11位でした。

 

この二日間、「足裏」と「またぐ」ことをメインテーマにやってきました。

 

最後の試合は、負けましたが二日間の成果が出た内容だったと思います。

 

ベンチで見ている私たちは、とても面白い試合だったと感じましたし、プレーしている選手も、きっと楽しかったと思います。

 

中学になるとそれぞれの道に進むこととなりますが、いつまでもまず「楽しむ」ことを忘れないで欲しいと思います。

 

主催していただいた黒田庄JFCの皆様には、時間などいろいろな面で配慮していただき助かりました。

 

また機会があればよろしくお願いします。ありがとうございました。

黒田庄ライオンズカップ

黒田庄ライオンズカップフットサル大会第一日目に参加しました。

 

但馬は雪で、しかも村岡は約40cmの積雪でした。向こうは快晴です。

 

この大会は3年前に参加させていただきましたが、個人技重視のチームが多く、見ていてとても参考になる大会ですし、

 

当然1対1の攻防が増えて個のレベルアップもできる大会です。

 

 

 

対泉 1対4 負け 相手は足裏をものすごく使い、簡単にボールを奪われません。相手の前半のメンバーには終始圧倒されていました。後半は、体も温まり、自分達のしたいことが徐々に出来たのではと思います。

 

対K庄 7対1 勝ち 個人技同士の対戦です。またいで相手のリズムを崩すことをテーマにのぞみました。

 

相手キーパーの体格などから、考えてシュートを打てた(ボールの高さ)点は良かったです。

 

対K美 0対7 負け プレーの予測が遅かったのが終始目立ちました。相手より2歩は遅れてるでしょうか。また、普段していないポジションをすると動きがぎこちないのと、やはり考えていないのが・・・・・・これも次につながってくれればいい経験なのですが。

 

結果、1勝2敗でリーグ3位でした。

 

大会で初めてキーパーを経験した選手(全員が一度はキーパーになりました。)には、シュートを止める・前に出る判断がいかに難しいかわかり、良い経験だったのではと思います。

 

また、5年以下の選手には、但馬以外のチームがどんなプレーをしているのか参考に見てほしいと思います。

 

明日は二日目、「足裏」と「またぎ」をもっとして、この大会で足元を強化してきます。

県予選(1日目)

9/25(日)但馬ドーム芝G、名色Gにて県少年、4年以下、6年以下の但馬予選が行われました。

 

村岡SF4年チームは、Lベルテとの初戦、6年以下はI野でした。

 

4年以下は、終止おされハーフラインからボールが運べない厳しい試合でした。そんな中でも個人の技術、個の1対1でどれだけチャレンジ、通用するか楽しみに見ていましたが、残念ながらチャレンジする姿勢やプレーがなかったように思います。ボールを蹴るプレーでなく、その場その場で自分が出来る精一杯のチャレンジと個のプレーを今後身につけてほしいと思いました。

 

6年以下は、全員緊張している様子が目に見えて分かりました。徐々に村岡ペースになるものの、視野の狭さ、プレーの小ささが目立ち、苦戦を強いられましたが、何とか0-5で勝つことが出来ました。

 

お昼を食べながら、次の対戦相手をみていましたが、村岡とは比べ物にならないほど、スピードとキック力があり、圧倒されていました。ただ、子供達には普段から言っている、早い判断、蹴らさない、見て判断を担当コーチがすっぱく言いいながら、試合に臨みました。

残念ながら、0-2で敗戦しましが、内容はとても素晴らしく、個の1対1で楽しませてくれた試合でした。悔しさは無いとは言えませんが、今後、中学・高校とサッカーを続けていく、続けてほしいと思う指導者の方向性を名一杯アピールしてくれ、感動させてくれた試合でした。

 

観客に感動を!十分に与えてくれた試合でした。

敗れはしたものの精一杯戦った選手に拍手です!!

バーモントカップフットサル大会について

7月16、17日の二日間バーモントカップフットサル大会但馬予選が行われました。

 

1日目 予選リーグ

 

対S宮 0対5 勝ち 対W田山 0対8 勝ち 対S東 0対5 勝ち リーグ1位で決勝リーグ進出です。

 

2日目 決勝リーグ

 

対 Y父 1対0 負け 対T岡 2対2 分け 対H坂 2対1 負け 対K住 0対1 勝ち

 

結果 19チーム中、第3位でした。

 

大会優秀選手 N井トモキ チーム優秀選手 F川トウヤ

 

総評ですが、1日目のリーグ戦、対戦相手は決して楽に勝てる相手ではなかったと思います。しかし、まさかの失点0、これにはとても驚きました。普段とは格段にプレー内容が良かったと、帯同審判員のコメントです。

 

しかし、肝心の決勝リーグは気持ちの弱さか、場数が少ないのか、チームの悪い面が前面に出てしまった感がありますし、それを修正できなかった指導者にも考える余地はあったと反省してます。

 

秋の大会に向けて、また新たな課題を頂きました。すごく基本的なことですが難しい課題です。でも決して出来ないことではありません。

 

周辺のチームは非常に熱心に交流試合を行っています。我がチームも負けていられません。

 

この夏休みは、勉強と個人技術向上はもちろん、人のために何かする・しなければならない強い気持ちを育成するよう選手と一緒に頑張りたいです。

 

暑い中、応援・お世話、そして色々アドバイスをくれたJユースの選手、ありがとうございました。

 

県大会に出場する但馬代表2チームにはご健闘をお祈りします。頑張ってきてください。


最近のコメント
メインメニュー

検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

ページ

検索

カレンダー
2020年1月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー